歯科衛生士のいない歯科医院ってどうなの?

私が歯科衛生士免許をとって最初に勤めた歯科医院では、開院2、3年目で私が初めて雇われる衛生士でした。

歯科衛生士どころか歯科助手もおらず、受付の方がいるだけでした。

むしろ歯科助手がいなかったのが良かったのかも知れません。長く勤めている歯科助手がいて患者さんの口腔内を触っていたりすると色々厄介な事になる恐れあり、ですよね。

フルで働いているのが私だけでしたので雑務が多く、純粋な歯科衛生士としての業務はいい意味でも悪い意味でも少なかったように思います。

歯科衛生士としての業務が少ないのは私は受付や消毒など雑務も好きだったので特に気になりませんでしたし、まずやらなければいけない仕事が多かったのでもっと歯科衛生士としての仕事を増やして欲しいとも思いませんでした。

歯科衛生士業務が少ないと言っても、リコールの患者さんは全員診ていましたしスケーリング、SRPもしていました。アシスト業務(歯科診療補助)が少なかった感じです。印象もだいたい院長が採っていましたし、義歯に関してはほぼ院長が診療していました。

(ちなみに友人の勤めている歯科医院では咬合採得から義歯調整まで歯科衛生士が行なっていると言っていたので、勤める歯科医院によって歯科衛生士の仕事内容も随分違うものだなあと思いました。

院長が技術面で注意したり指導してくることはあまりなかったので、その医院では歯科衛生士としての高いスキルは求められませんでしたが、技術はセミナーに参加して向上を目指していました。

 

歯科衛生士として働いてはいるものの、アシスト業務があまり好きではない、苦手という人もいると思うんですよ!

もしくは歯科衛生士としての予防業務が苦手とか・・・。

とは言うものの、患者さんにはきちんと接してあげたいし処置もしっかりしなければという気持ちもありますよね。

やる気がないとか仕事をサボりたいとかめんどくさいとか患者さんの口の中が汚すぎてもう嫌(笑)とかじゃなくて純粋に歯科衛生士としての何かしらの作業が苦手という・・・。

学校に入って実習をしても、実際働いてみないと中々わからない部分でもあると思うんですよ!

 

もし歯科衛生士の免許をとって働いてみたものの、なんだかこの仕事苦手だわ。。。と思ったり技術にあまり自信がないな。。。もうやめようかな。。。なんて思う人は歯科衛生士のいない医院に勤めてみたり、今と違う状況の歯科医院を探してみるのもいいのではないかと思いますよ!

一言に歯科衛生士と言っても、働く歯科医院によって歯科衛生士の仕事内容は変わってきます!

 

どうかあなたにとって働きやすい職場が見つかりますように。